読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

生春巻きの味はしょっぱい

雑記

 

 

今週で同期が会社を辞める。同期とは言っても、年齢が同じだけで、僕は4ヶ月前に入ったばっかりで、辞める彼は3ヶ月前に入ったばかりだ。今日はもう一人の女性同期と(彼女もまた3ヶ月前に入ったばかり)辞める彼の壮行会を開いた。お酒を飲まず、タイ料理屋で、ベトナム風生春巻きを食べながら、色々と愚痴や何故辞めるのか、今後は何をするのか等を語り合った。

 

20歳も半分を過ぎ、残り数ヶ月で26歳となる僕は、何がしたいのだろう。と、日々考えていたつもりだったけれど、再び考えたけれど、答えは出なかった。考えていたつもりだった。つもりだけだった。進んでいるつもりだった。つもりだけだった。

 

日々、快楽に溺れて、楽な方に流されているだけだった。これに気付いたからと言って、すぐに直るような性格でもないことは知っている。正直、僕が20歳の頃、26歳くらいで何かを成していない人を馬鹿にしていた気がしていたが、今の僕はあの日の僕にバカにされているだろうな…。

 

 

知ってるんだ。いくらスライムを倒しても、レベルがカンストしないことを。でも、スライムを倒すことは楽だし、快感だし、ゲームの上では経験値が入るから倒しちゃうんだ。