マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

今日学んだ言葉「レバレッジ」

 

 よく分からない文脈で「レバレッジを効かせて~」と書かれている文章をTwitterのタイムライン上でよく見ていた。例えば「事業会社は受託業務をメインやっている会社より儲かるけど、なんで?」「レバレッジが効くからだよ」というような会話。この場合の原資ってなんだろうとか、レバレッジって “効く” ものなんだとか疑問が出ていた。

 

 まずはレバレッジという言葉を見てみる。FXだと、原資100円をレバレッジ100倍に効かせて1万円で運用して、その原資からの差額で儲けたりするのは知ってる。この「レバレッジ」っていうのは、元々は金融とか経済あたりを元にしていて、Wikipediaによると「経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率」と書いてある。そして原義は「てこの作用」のこと。

 このあたりで “効く” という使い方は「作用する」に当てはまることが分かった。なるほどね、小さな物で大きな物を動かせるよと。確かにレバレッジが効いた方が儲かりそうだ。100円を何倍で掛けられるか、10倍か10000倍かによってリターンが大きく変わりそうだ。

 

 レバレッジの言葉は分かった。が、まだ当初の文章を読み解くには足りない。事業会社と受託業務の話を紐解いてみる。

 受託業務だと請け負える規模に限界がある。50人いても50人分の労働力の分でしかお金を稼ぐことができない。この場合、稼げるお金を増やすには、人を増やすか、労働時間を増やすか、労働効率を上げるかの三つくらいしか選択肢がない。つまりは見込み売上の天井が見えてしまう。見えやすいことは良いことだが、跳ね上がって儲かる可能性は低い。同じ50人の社員数でも受託業務では一人あたりの売上が200万円/月くらいでも、事業会社では一人あたり1億円/月になることもあるそうな。

 他にも在庫を持ってるお店も在庫が全て捌けた場合の売上の上限というのが見えるし、どれだけ人員が働けばどれだけの売上がありそうかの限界が見える。レストランもそうだし、カラオケボックスもそうだろう。大概のサービス業はそう。しかし、事業会社のように仕組みを作ればサーバを除く資源が減らない、在庫がない場合は大きく変わる。仕組みを一旦作って回せばお金が入ってくるような事業の場合は、一人が働いた分よりも多くのリターンがある可能性がある。もちろんゼロや倒産の可能性もあるが。一人分の労力で複数の効果があったり、複数人に効果があったりする。小さな労力で大きなリターンだ。

 デザイナーがもてはやされているのも、おそらく仕組みに対してレバレッジが効きやすいからだろう。ボタンの改修という小さな労力でクリック率が30%上がれば売上も3割増と考えれば末恐ろしい。

 

 たらたらと書いてきたが、要は最初の人が言いたいことは「一人あたりの労働・労力に対しての売上の幅が大きい」ことが言いたいっぽい。

 まぁそんな風に、原資である人的資源をその時間分だけではなく、人にシステムやサービスを加えることでレバレッジを効かせて一人あたりの売上を跳ね上げることができるみたい。「少しの力でたくさんの効果を得る」という意味をレバレッジと呼んでいる。ふーん、みんなそういう使い方をしてたんだねぇ。

20181025

 

1. ボトムアップの理想

 例えば、忍たま乱太郎で学園のミッションとして「健全な身体を育てる」があった場合、それは学園長から言い続けるのではなくて、食堂のおばちゃんが「お残しはゆるしまへんで~」を口酸っぱく毎日言っていくというのが正しい組織としてのあり方なんだなと思いました。

 

2. 草野球のことを好きな理由

 先日「どんな会社がいい会社だと思う?」という質問に対して「成長させてくれる会社だと思います」と即答した。社員はもちろん、引いてはサービスを通じて社会を成長させる。人類をアップデートさせることができる会社はとても良い会社なんだろうと、用意していたかのように滑らかに口からこぼれた。自分でも驚いた。成長できない辛さをここ数年味わった。その反発なんだろう。

 社会はその人が持っているポテンシャルではなく、その人ができることを求める。年齢を重ねる度にその疑いが確信を帯びて近づいてくる。まだ信じ切ってはいない。それが若さゆえなのか希望を持っているからなのか、そのジャッジは誰かに委ねる。その社会の中で、僕の足掻きの一つが草野球だ。草野球は楽しい。そして、やればやるほどに成長させてくれる。できなかったことができる楽しみを仕事外に持っていることで救われている。

 

20181023

 

1. 相手に伝えること

考えたことを言葉にすること - ①

①よりも具体的かつ詳細な例示、物語にするとよりよい - ②

②よりも絵にするとよりよい - ③

③よりも実際に体験できればよりよい - ④

 

①は相手に解釈を委ねて伝えられる

②は時間の流れと感情を制限して伝えられる

③は主体以外の表情が受け取ることができる

④は主体と感情を重ねることができる

 

2. カープ女子

 僕はずーっと広島カープファンなんだけど、ずっと信じていなかったことがある。4年ほど前にカープ女子って言葉が流行語になったと思う。確かに球場に行ったり、野球中継で抜かれる人を見ると今までよりも女性の応援が増えてるなーという印象はありつつも、メディアに載るような可愛らしい人はおらんじゃろうというのが個人的な見解だった。

 が、しかしこないだ辛口春雨スープを提供しているお店で、鼻水と汗を垂らしながら1.5辛の春雨を啜っていたところ、女性二人組が隣の席に座ってきた。オフィスが渋谷から移ったことによって、なんとなくオフィスレディ美人指数が上がったように感じてはいたが、かなり美しい人が座っていた。おおラッキーと思いながら、身体の穴から汁を吹いていた。

 大きい声で喋るので勝手に聞こえてくるのだが、明らかに野球の話をしている。ほう、日本シリーズ、ん?カープ?新橋のカープファンが集まるお店…?極めつけは「私、引くほどカープ応援しちゃうよ」とか言ってるんですよ。わーこれが幻のカープ女子かぁ!こんなところに生息していたのか…。本当にびっくりして、チラチラと見ると、確かに頼んでいる春雨も赤いし、スマホケースも赤い!これは本当にカープ女子なんだ。俺は真実に迫った!という気持ちになりつつも、出身が群馬ということを言った瞬間に「ああ、まだファン歴数年のひよこなんだな…」と勝手に解釈してお会計を済ませためんどくさいカープファンのお話でした。

20181018

 

書くことがまとまらないので、最近気づいたことをいくつか書く。

 

① ビジョン・目的が大事だということ。

仕事に紐づけて言えば、すべての施策は会社が存在する目的に沿って実行されるべきである。そんなことをクライアントには口酸っぱく言っていたような気もするのだが、実際自分が仕事をする目的や意味に照らし合わせてみると、実行できていないことがほとんどだ。

 

② 他人を巻き込まないと成長できないこと。

自分の中でなんとなく理解したことは、実は理解できてない。誰かに教えてやっと理解が深まる。前々から知っていたことだけど、実行すると「俺は理解している!」という実感値がものすごい。感動する。

 

生ゴミは外気に触れさせると良い。

サンマを食べたあと、そこから生臭い臭気が漂ってしまう。部屋を締め切ってしまうと、いくら空気清浄機と脱臭剤のダブルパンチをしても、臭いが勝つ。生ゴミの強さ。そこで、生ゴミを換気扇は無いが、窓のある場所であるトイレに置いた。すると、臭いがしないのだ。いい発見をした。理由は知らないが、やはり空気の広さと外気温が下がってきたからだろう。よかった。

 

④ 週休三日でも意外といける。

通常の祝日と、ペットの手術などでここ5週間ほど毎週週休三日で動いている。今週も月曜日に休みをとった。しかし、自分の仕事が今そこまでパツパツではないためか、普通に働けている。働けていると怠けているの境界は曖昧ではあるが、勤務態度に対して文句は言われていない。三連休を毎週のように取っている同僚も他にいて、彼女らも意外といけてるという感覚があるらしく、これがデフォルトになってほしい。

 

⑤ 僕はストーリーテリングって言葉が嫌い。

これはただ自分が嫌いなだけで、悪い事とかは思ってない。何かテーマを伝えるために、ストーリーがあれば受け手側がより分かりやすくなるので、テーマに沿った例え話や経験談を言いましょうね。ということなんだけど、大袈裟すぎる。エッセイってそういうものだし。長ったらしい単語と単語をくっつけた横文字にして、格好をつけすぎている。だから嫌い。

サンマの肝

 

生のサンマを買った。

いつだったか、不漁で高騰してたのを毎年思い出すせいで台風が過ぎ去って、

涼しい風が吹くようにになっても値段すら気にしていなかった。

 

買った。だってYouTubeの芸人がサンマを食べる姿を見て食べたくなったから。

食べる姿で美味しそうだと感じるのは、食らうのが素人だろうが玄人だろうがなんら関係ない。

ネコが食べていても食べたくなるだろう。ちゃおちゅーるは例外だ。

 

くちばしは黄色いのが良いらしい。

サンマの下唇のことだ。

大根おろしは既に擦ってパックしてあるのを買った。

最近は便利なものが売っている。

さすがコンビニエンスストア、コンビニエンスだ。名前に商品も負けてない。

「サンマとおろし」があるだけで100点満点中95点は取れる。

あとの5点はすだちだが、残念ながらスーパーに置いてなかった。

だが合格には十分だろう。これでサンマの東大に合格だ。

 

いつもは干物しか買わない。干物が美味くて好きだから。

でも、生サンマは今の時期しか食べられないから仕方ない。

干物のコンフォートゾーンから抜け出す必要も人生には必要だ。

生は中までしっかり焼かないといけない。干物よりも時間がかかる。

持久戦だ。何度パンパンと身体から銃声のような音が聞こえても辛抱をしなければいけない。

その間に他の料理を済ます。今日はめんどうなのでメイン以外は雑だ。

時間が余るので、サンマの焼ける音を聞きながら瞑想をする。腹が鳴る。

 

はるか昔にサンマのために100均で買った長い皿に、その身体をゆっくりを置く。

チューブから大根おろしをひねり出す。なんとも味気ない光景だが、仕方ない。

大きな大根からこれだけの大根おろししか取れないのかとがっかりするよりも幾分マシだ。

 

いただきものの、三角形で、先が細く、使いやすい箸でサンマの身を割る。

ジュワッと魚の油が出て、ホクホクの身が現れる。感謝。

おろしに醤油をかけ、一緒に食べる。美味い。最高。

 

うちの父は ”ねこまたぎ” だ。顔と背骨と尻尾以外、皿に何も残らない。

そんな肝まで食べてしまうねこまたぎが羨ましかった。

サンマの肝をまだ美味しいと思えたことがなかった。

 

何かの幼虫のような見た目はやっぱり避けた。が、食べてみることは決めた。

父の半分も生きてないとはいえ、そろそろいけるかと黒い部分を口にした。

うん、苦い。

サンマの味のような、何か別の味のような、自分の食べ物の味の範疇からは外れてるかな。

でも昔よりは苦く感じない。でも美味しくはない、と思う。

ただただ加齢によって舌が鈍麻してしまっただけだろうが、これも少しの進歩かもしれない。

ビールが飲めるようになったように、肝もいつか美味く感じるようになるだろう。

 

黒く、苦く、気持ち悪い形のものもいつか克服できるだろう。

理想像や先を歩いている人がいれば、希望がある。

自分で見つける必要があれど、方法もきっとある。

あと何度、秋が来るのかは分からないが、秋が来る度に試してやろう。