マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

幸せであることを願う

「利他」とは何か を読んだ。

今年の春、まだ長袖でも心地よい時期に買った本だ。友人に今読むべき本としてオススメされて即買ったのだが、本を読む習慣が子育てに翻弄されてズルズルと梅雨の終わりまで来てしまった。友人は著者の伊藤さんとは対談形式でお話を昨年していて、もっと前から注目の研究者として教えてもらってはいたが初めて著書を買った。どもる体はとてもいいと何度も推されていた。いつか読んでおきたい本の一つとして頭の書庫に収まっている。

 

この本は新書ながら、5名の多様な研究者らのオムニバス的な短編コラムを繋げたものだ。つまり読みやすい上に様々な角度で「利他」に向き合った文章を書かれているので、その中で自分に照らし合わせられる話をピックできるので、まずそこが良かった。書かれ方も平易で読みやすく、薄いのでタイトルにピンときたら是非読んで欲しい。

 

「利他」というものに対して、自分の過去を少し振り返ってみる。

僕は社会人一年目くらいまで利己的な人間として生きてきたように思う。周りからガツガツしてると言われたり、自分を中心とした天動説で周りが回っているように無意識に思っていたりしていたと思う。ただ、誰かの財産を奪うことを目的にしていない利己だったのでまだ可愛げのある利己だったのではないか。

いつからか利他に興味が出てきたというか、利己に意味がないと思うようになった。それは学生の間では自分の手の届く範囲でコトが済むというか、グループワークといいつつそれはただの役割分担でしかなく、役割の属人性が薄いからだ。社会に出てから自分に利を集めても、それを最大化できないことがよく分かった。世の中のほとんどは分業制で動いている。それは自分が凡人であることの証明でもあるのだけれど。

僕はソフトウェア寄りのディレクターをしているが、利己でものごとを動かすとどこかで不和が起きて破綻してしまうことがよくある。それを防ぐために基本的に相手を信頼し、意志を必ず一旦は尊重する。ある種、小人の靴屋の小人に仕事をお願いしているように、自然と出てくるものを待つ。ある程度コントロールはすれど、ガチガチに固めるのではなく風が吹くのを待つ、雨が降るのを待つような神事をしているように感じる。

そして、子供が産まれたことによって、利他をより感じるようになった。他人のために何かをするということを一生懸命考えたことがなかったが、少しずつできるようになった。それは未来を考えることであり、過去を省みることなんだとも少し気づけた。過去での行為が未来に続いているが、蝶の羽ばたきが竜巻を起こすように子供の頃の経験が今の仕事になったりする。その小さな種をいかに子供のために意識してあげられるかを考える。どの種が芽吹くかは分からないが、芽吹かなかったものも肥料となってくれることを願っている。願うことが、利他なんだと僕は思う。

ハーフバースデー

今日で息子が生まれて半年経った。「早いなぁ、一瞬だなぁ」と思うけど、「この半年色々あったなぁ」という思いの方が強い。息子が生まれてすぐ、僕が小さい頃からの写真を父からもらった。その数百枚のデータは小学生卒業くらいまではたくさん写真があったのに、中学に入った頃から枚数が急激に減っていき、大学・社会人と年に数枚になっていた。父親になった今、そのアルバムは親から見た喜びといつか来る寂しさを教えてくれた。毎日たくさん写真を撮っている。この枚数が徐々に減ってしまっても、喜びが日々あることを息子は僕らにちゃんと示してくれている。

批評理論入門を読んだ

amzn.to

 

批評理論入門を読んだ。数ヶ月前にはてブホッテントリに入っていたので、即買った。しかし、面倒臭がり屋な性格が災いして完読まで数カ月を要してしまった。しかも最後の方は駆け足で読んだために内容が頭に入っていないのでアレなんだが…。

 

ただ、内容は面白かった。第一部で小説を書くにあたって要素を並べ、第二部で具体的な批評の方法を様々な角度で行う。主旨が明確で分かりやすい本だ。何かクリエイティブなことをしている人は、第二部を読むことをオススメする。なぜなら批評に晒されることで、自分の内にあるバイアスや環境や時代を透かすことができるからだ。複数人でアイデアを出し合うピクサーがなぜ批評に耐えうる作品を作れるのかはここに掛かっているんだろうな。と、読んだあとにAmazonのレビューを読んで首肯していた。なるほどね。おすすめです。

ムーンプリズムパワー

眼鏡のレンズを替えた。金縁の、髪を金髪にしていた当時買った代物のレンズを。

理由はいくつかあって、当然ながら目が悪くなってきたことが第一に挙げられる。PCを使って仕事してると夕方にはもう目が疲れて、その後画面を見たくなくなっていた。その他にも、元々メインで使ってた眼鏡を飼い犬によって破損させられたこと、行きつけが渋谷の奥なので人が街に少ないウチに行ってしまおうという下心が出てきたことなどもあった。

GW前に大井町にいかなければならない事情があったので、その帰り際に渋谷に寄った。通り道にある各百貨店は緊急事態宣言下で見事に閉まっていた。坂の上を登った先にある渋谷PARCOも閉まっていたが、一階のピロティ的広場では小さい子とお父さんが、手押し車で遊んでいて、これでいいじゃんという気持ちにもなった。

眼鏡屋に着くと数人の行列ができていた。人数制限を設けており、レンズを替えたいだけなんだけどなー早くしてほしいなーと思いながら待っていた。数十分待った後、通常通りの視力検査を行った。自覚があるように左目の乱視が酷くなってるんだろうなーと思ってやっていたら、なんか奥行きの感覚を確かめる検査が上手くいかない。「4つの棒がありますよね?」「いや、7つですね…」「あっ…」みたいな感じ。その後、「僕ではできない検査があるので、ボス呼んできますねー」と言われ、どうしたどうしたって感じでイケメンおじの店長がやってきて、改めてひと通りの検査をした後、今までしたことの無い検査をした。その結果わかったのが、僕が「内斜位」だったことだ。

「斜視」は聞いたことがあったが、「斜位」は初めて耳にした。「斜位」とは目をつぶった状態で内外どちらかに黒目が寄っている状態、NHKの番組で以前「隠れ斜視」として「斜位」が紹介されていたらしい。僕のような内斜位が続くと、目を開いた状態で外側の筋肉の収縮が起こり、こめかみなど側頭部での頭痛が起こりやすくなるらしい。眼精疲労でよくその部分が痛くなり、指でほぐしていたのでずっとそうだったんだろう。まさか病気というかそういう症状が続いていたとは考えたこともなかったので、すべてが腑に落ちた。

新しいレンズではプリズムを入れることで光の入射角を調整し、通常の目の位置に近くてもちゃんと見えるようにしたので目の疲労を感じることが少なくなった。いやー、知らなかったけど意外とこういうこともあるので、久々に日記を書いた次第であります。またちゃんと日記書けるようにします。

メモ

中古について(あんま調べてはない)

1. 使用・時間によって社会的な価値が逓減していくもの(家・服・自動車などほとんど)

2. 一度使用することで買った本人にとっての価値が下がっていくもの(本・CD・ゲームなど一般的な中古屋で売られているもの)

3. 絶対数の影響により、時間によって価値が上がっていくもの(個数限定商品・TCG・骨董品など)

4. それそのものに現金的価値があるもの(貨幣・貴金属・商品券・切手など)

 

航空機、鉄道車両、大型船舶、大型機械や不動産は「古物」ではない。ほとんどの動産が古物の適用対象となる。

 

一般の消費者等がその使用のために小売店等から一旦譲受した物は、実際の使用の有無を問わず原則として「古物」である。反対に、流通段階における元売り、卸売、小売までの売買関係における物品は、一般に当該物品の使用を目的とはしていないため、その新旧を問わず「古物」ではない。

 

型遅れ流通在庫保管品は「新古品」と言う。

 

値付け

1. おおよそは希望小売価格以下

2. 希望小売価格以下。絶対数による需要の高まりにおいてプレミアム価格がつく。

3. 希望小売価格よりも高い値段が付けられることが多いが、需要次第。

4. 希望小売価格よりも下が基本。貨幣・貴金属に関しては 2. に少し寄る部分がある。