マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

年をとった

 

 30歳になったことについて、何も書いていなかった。毎年何か書いていたかなぁと遡ってみたら早速去年で既に書いてなかった。だからやめとくかとも思ったけど、何かしら残しておく。後で読み返せることが最も大事。

 僕は年齢を重ねることに対して、割と毎年嬉しく思っている。結果を残さずとも喜ばれることなんてこの歳になると多くなく、誕生日はその一つだからだ。その侘しい喜びは大切にしていきたい。

 

 身体的には以前も書いたが、虫さされの痕が皮膚に色素沈着しやすくなったなというのが最も顕著に老いを感じるところだ。あとは少し髪が薄くなってきた気がする。多分昔から大きくは変わってないけど、気にすることで特にそう感じやすくなっている。周りの友人も徐々にそうなっているのが面白い。老いは面白い。昔と同じ自分がいないこと、記憶と身体が一致しないこと。一致するのは夢の中でだけ。

 2008年の自分と今の自分をご対面させたら、どう思うだろうか。これも同じようなことを書いた記憶もあるが、とても見せられないようなオトナにはなってないことが今は救いだ。給料こそ多くはないが、友人の多い人生を送れていると思う。同じ会社や過去の学校関係にしか友人がいないなんてこともなく、いたるところに友人がいる。とてもありがたいことだ。昔、困っていたことを、今の僕に相談してくれたら、きっといい回答を渡せると思う。

 

 今、自分の目標を考えている。目標というのは、目的に到達するまでのマイルストーンだから、そもそも目的を作らなければいけない。僕にとっての目的、生きる目的、働く目的はなんだろうと考える。考えたこともなかった。考えなければならないことから、目を背けていた気がする。先日の記事と同じだ。僕が書くことは既に大体書かれている。

 こういう目的は過去の経験から導き出すことが一般的なんだろうか。それでいえば、一つあることに気付く。それは「やりたいことをやれなかった」ことが、僕にとっては最大の後悔かもしれない。家族の中でも制約があり、いろいろやれなかった。やらせてもらえなかった。当時は情報を得る術を知らず、説得する術も知らなかった。そういう子どもだったからこそ、誰かがやりたいことを阻害する世の中を変える必要があると思う。多分、今の生きる目的を設定するのならば、これならばスッと胸に入ってくる。

 

 この目的を元に、目標を設定する。30歳になったから、ではなく、目的を達成するために、目標を立てて30歳の自分をアップデートさせていこう。