読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

膿のはなし

 

 

僕には膿がたまりやすい部分がある。

いくつかあるけれども、今、丁度膿が溜まっている場所がある。

それは右側の耳たぶ。とても耳たぶが痛い。……ズキズキ痛い。

 

この右側の耳たぶはよく膿が溜まる。

何故だろう、膿というのは同じ所ばかりに溜まる気がする。

野菜とか果物とかもある部分から順々に腐っていくような気がする。

 

人間もそうなんじゃないか。

いや、ここでいう人間は物体的なものじゃなくて、

コミュニティだったり組織だったりという集団としての人間だ。

ある種一人ひとりの人間を細胞に見立てて考えている。

 

以前見たのは「友人が横領してるけどどうしよう」みたいな話とか。

まずは中枢に近い末端から腐っていく。お金を扱うところで末端の人間から。

栄養(金)がたくさん行き渡ってないけど栄養欲しいって部分が、

栄養につられて悪いことをし始めるのだから。そりゃそうか。

 

栄養は満足に与えられてないけど、それに近い人間じゃなくてよかった。

誘惑はないに越したことはない。そんな誘惑で時間を使ってる暇はない。

でも、むしろ、誘惑があればあるほど悪い誘惑に引っかからないかもしれない。

いい誘惑ばかりなら、難しい。

 

早くこの耳たぶから膿を出してやらないと、本体が苦しんでしまう。

出さないと。