読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

プレゼンのメモ

 

社内での発表のために使ったメモ

お題はコミュニケーションってことにした

 

・メモ

自分に対しての共有をしよう。

一分一秒で刻々と考えが変わるし忘れてしまうのだから、まずはそのときに思ったことを書こう。こんなこと書いたっけ?とか思ったら、それが自分の知らない自分である。

メモを読む時は過去の自分とのコミュニケーション。

メモを書く時は未来の自分へのコミュニケーション。

 

・コンテ

コンテとは画材のコンテ…じゃなくて、映画とかアニメを作る前に作られる絵コンテや字コンテのこと。語源は連続性という意味を持つ"continuity"。コミュニケーションは時間軸を介して行われるものだから、我々Web業界が作るものはコンテを書いたほうが良い。コミュニケーションが行われる前後を作り手が共有するべきだ。

 

・誰かに見せる

自分が理解できても、人が理解できないと意味が無い。だって、会社でやってるんだし。

なるべく自分とは「対等でなく上だ」と思っている人に見せる方がよい。対等かそうでないかというのは役職や肩書の話ではなくて、知識量の差や経験の差のことである。彼らが得意とする分野における視点でみてもらうこと、または全くそれらを抜け落とした状態でみてもらうことの2つ。

 

 

相手に察して欲しいとかこれくらいなら分かるやろって思ってないか?

カンプを渡して終わり、コードを渡して終わりになってないか?

 

自分がやりたいことに責任を持つためにも、コミュニケーションをとろう。