読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

秒針を消す/初夢/全身脱毛

オムニバス 雑記

 会社のMacBook Proの時計表示の秒表示を消しました。見つめていると、すごい勢いで時間が過ぎ去っているような感覚が秒数の変更とシンクロして、不安で押し潰されそうになったので。

 

ーーーーー

 初夢を今朝見た。正確には多分、覚えていなかっただけで夢を見ていたのだろうけど、覚えてなければそれはなかったことになるのが人間だ。事実は紙に書かれたことではなく、今目の前で行われている行為でもなく、脳みそに刻まれたかどうかでしかない。さて、夢を書いて供養しよう。

 

女性が出てきた。数年前に一瞬でも目を奪われ、好きになった人だ。元カノではない。むしろフられた人と言ってもいい。

「あー!久しぶり!ねぇ見て」

彼女は左手の薬指を見せた。ああ、前髪をきったんだね。どっちもやっぱりかわいいね。ていうかそれって結婚したってこと?今の彼とは結婚する気無いって言ってたし、まだまだバリバリに働きたい。30歳超えてから結婚は考えるかなーとか言ってたじゃん。そしてさらにこう言った。

「この子、うちの子。かわいいでしょ」

彼女は僕に自分の子供を見せつけてきた。ああ、この子はついに付き合っていた彼と結婚をし、子供を授かったんだな。でも僕は一瞬でも好きになったから悲しいよ。子供はかわいいね。僕は辛いよ。

 

といったところで目が覚めて「悪夢だな、これが初夢か。やれやれ」と村上春樹っぽいセリフをわざと口にしながら洗面台に顔を洗いに行った。夢の中で、これが夢という真実に気付いてしまったときにはもう言葉を発することはできなくなる。だから、映画のようにスクリーンを見つめてこれから起こることを享受するだけの存在になっている自分は、自分の受けた印象をただただ脳みそに刻みつけるしかなかった。

 

ーーーーー

 「全身脱毛する女ってどう思いますか」という質問を投げかけられた。僕は非常に困った。この答えのない問題に対して最も適切な回答はなんだろうと小一時間悩んだ。何のために全身脱毛するのかを考えると結局誰かのためでもあり自分のためでもある。どっちかというよりもなんか二重らせんみたいに重なり合ってる感じがして、結局どうなん?ってやっぱオマエ次第やろみたいな結論しかすぐには出せなかった。「なんかビッチっぽいですよね」と言われ余計に分からなくなってしまった。

 一晩、二晩寝て、今日の通勤のバスに揺られながらふとこの質問に対しての答えが浮かんだかもしれない。この問題に対して世間一般論的な答えはないのだろうが、どこにその行為の嫌悪感とやってほしいポイントが個人的に存在しているかを考えた結果、

「全身脱毛を僕に見せたいがためにやってくれるのであれば非常に嬉しい。しかしもし、それが僕ではない誰か他人のためにやったのであれば、そこに不快感が出る。それは僕にとっては経緯の分からないタトゥーと同じような不快感なのかもしれない」

という結論に至った。

 結局は僕は自分のためにしてくれた行為にのみ反応するのだろう。質問した相手がよくなかったか、どこまでもケチな野郎だ。