読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

ニワトリ頭

 月曜日だし、何か書いておこうという気持ち。この毎週湧き上がってくる気持ちは嘘ではないけれど、しかしながら書くようなテーマや出来事は全く無いのである。周りの群衆は気持ちが先か、出来事が先かと話し合っているのをたまに耳にするけれど、それこそニワトリとタマゴの問題のようにぐるぐるぐるぐると思考が回り続けて一向に結論にたどり着くはずもない。とはいえ、おそらく周りの群衆はとうに結論は分かっている。気持ちが先でそれを満たすものなればそれでよいのだ。所詮ニワトリの頭で書かれるものなんて三歩あるけば記憶から抜ける。また週頭になれば気持ちがフツフツと湧いてくる。

 

ーーーーー

 去年も買ったのだが、宝くじを購入した。年末ジャンボ宝くじを買ったのは去年が初めてで、去年は謎にワクワクしてしまって片手に収まるだけの300円が手に入ったときに、当たるわけがないのに期待してしまって、俺はなんてちっぽけな人間なんだと悲しくなった。しかし人は、いやニワトリは記憶力が足りないのでまた買ってしまった。会社のデスクの見えるところへ置いて、眺めては当たれと念じている。

 「宝くじは夢を買うものだ」というのは言い得て妙で、たった3000円程度で「もしも7億円とは言わず1000万円当たったら何を買おうか」という妄想ができる。GoogleMaps は旅行する楽しみを手軽にできるようになった、反面その楽しみを奪ったとか言われたことがあった。宝くじは全ては妄想の中だけでの話なので、それを実際にやってこそ真の意味ができあがる。10億当たればもう何もしなくてもいいだろう。これからは自分のやりたいこと全てやればいいのだ。妄想を書き出すことができる。もしも当たらなくても、それを一つずつこなしていけば人生がいいものになるのだと暗に言われているようだ。マッチ売りの少女は擦って灯った火を見ながら暖かいストーブや七面鳥の幻影が見えたという、それと何ら変わらない。そう、僕らはニワトリの頭をした少女だったのだ。