読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

狂い聴き

 僕は同じ曲を飽きるまで聴き続ける癖がある。今はT-squareの宝島を聴き続けている。多分YoutubeiTunesを両方合わせるとおよそ300回は聴き続けているだろう。ちなみに最高回数はThe band apart の夜の向こうへで約1000回聞いている。アコースティックバージョンも含めれば1200回聞いているようだ。さすがに主観的に見てもキチガイのそれにしか感じない。

 いつからそうなってしまったのかは分からないが、自分のお小遣いで初めて買った宇多田ヒカルのアルバムですら一曲だけをかわりばんこに聴き続けていたので、多分根っからの一曲リピート聴きなんだろう。そういうことを後輩に話したら「そういえば、ふじいさんも僕と同じで同じ曲をずっと聞き続けるじゃないですか、あれアスペルガーの傾向があるらしいっすよ!」うるさいわい!とは思ったものの「まぁ分からんでもない」と心で頷いた。でもきっとその傾きを緩やかにしていけば、僕のような心優しい妖怪も人間世界には上手く溶け込めるだろうと考えたのだった。

 とはいえまだ苦しみが残ったので、同じ周回軌道で回り続ける人工衛星とか忙しなくぐるぐる回り続けて頭の毛が抜けた動物園のタヌキのように、同じリピートをし続けるのかを考えた。その結果、子供の頃はお金が無く、また時間も際限なくあったため自分が好きな曲やゲームやアニメをリピートしてたのではなかろうか。そういえば、トムとジェリーを狂ったように毎日見ていて親から「また見てるの?いい加減にしなさい」なんて理不尽な説教もくらったし、モンスターファームを家にあるCD数百枚を全てモンスターに変えていたような気がする。碌なモンスターはいなかったが。

 ははぁなるほど。この精神性が脈々と続いて今に至っているのか。ちょっとまって、それじゃあ僕の精神年齢は3歳くらいから全くもって止まっていて、未だにTwitterではちんぽちんぽ言ってるのはそういうことなのかと自問自答すると「うん、まぁ分からんでもない」と頷くしかないのであった。