読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

距離は速度掛ける時間

 

LINEみたいな見た目じゃなくて良いのだけれど、ビジネスのメールに対しては既読機能が非常に欲しいと感じる。メールを打って、相手が読んだかどうか、知りたい。メールが届いて、僕は読んだけど、わざわざメールを送るほどのことでもない。という気持ちをボタンひとつで相手に「読みました」が伝わるような機能がどうして未だにないのだろうと不思議でたまらない。機能がメーラーに依存するからか?それにしても不便で仕方ないだろう。いつまでお手紙のつもりでメールを打ってるんだろう…。

------

 

「文脈への依存度が高いものはポップではない。」

今、流行っている「キルラキル」というアニメはポップなのだろうか。

俺の中では過去の文脈が心にあったほうがより面白く見られるアニメだとは思うのだけれど、そうではない部分、見た目や動き等のテクニカルな部分で人々の心を掴んでいるように思う。

 

―――

何かを消しゴムで消したのならば、消しカスは確実に出てくる。消した”何か”やその事実ではなくて、消しカスの方に注目すること。