読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

昨日の愚痴

オムニバス 雑記

 

 いろいろ書きたいことがあるんだけど、集中力が続かないというか、僕が楽しんで書けることではなくてムカムカしながら愚痴をノートに殴り書きする感覚は好きじゃないので箇条書きというか、書けるところまで最近思っていることを書こうと思う。決して段落じゃないので好きなところを読んで組み替えてもらっても結構です。段落という邪魔な概念を取っ払ってセンター試験みたく並び替えて見ても新しい発見があるかも知れないし、その方が面白いよ。

 

【その1】

いぬじんさん(id:inujin)、しらべーるさん(id:shiraber)の記事を読みました。僕も過去に「過去に言ったことをなかったことにしないと生きにくい」とTwitterの方でつぶやいたことがあります。非常によく分かります。昨日言ったこととは違うことを、今日言うことはあると思います。

 

【その2】

ズイショさん(id:zuiji_zuisho)のホッテントリに入った記事を読みました。内容は非常に同意します。「あーわかった、じゃあ、それが意味のあるものとして考えようか」ってところから入ってるはずなのに勘違いされてる方々が多すぎてブコメが大洪水になってますね。意見らしい意見は出揃ってきた感じはあります。飲酒運転を持ってきたところは事故しやすそうでしたけれど、確かにお酒を飲んだら冴える人もいるでしょうし、内的なポジティブな自覚という意味では体罰も飲酒運転も似たようなものかもしれません。

 

【その3】

人に向けて放った言葉を「やっぱ無し」にするのは非常に大変だ、責任を伴っているんだってのは最近になってやっと気付いたことリストに加えました。おせーよと言われるかも知れないけど、考えてないと気付かないし、やってないと分からないことだから気付いてない人もたくさん居ると思いますよ。自分に向けて放った言葉なら「やっぱ無し」って言うのは全然いいと思います。むしろ、そういう言葉だと思ってました。

 

【その4】

一貫性は信頼に繋がると思います。彼は過去に言った発言を蔑ろにしない。過去の自分に嘘をつかない。それは素晴らしいことだと思います。ただ、人間なので、間違いはするし、それを訂正しないといけないし、その間違いをいちいち覚えていられないし、その間違いを誰に放ったかも覚えてないと思います。

 

【その5】

非常に残念なものを見ました。推測ついちゃうかもしれないですけど、人に対して「27歳にもなってこんな駄文しか出てこないものかね」と言っていました。悲しいです。この人は一貫性を保ちながら生きていく場合、彼は27歳に駄文が書けなくなってしまっていることでしょう。それはとても悲しいことです。自分の発言に手のひらを返して駄文を書いてしまった場合、彼は過去の自分を裏切って駄文を書いたことを反省もせずに生きていくでしょう。しかし、後悔して生きろって意味じゃないです。

 

【その6】

足を踏んだ人は覚えてないけれど、足を踏まれた人は覚えている。その通りだと思います。人に放った矢は止まること無くその人の胸に刺さります。それが軽傷か重傷かは分かりません。数々の発言は誰かの胸に刺さります。インターネットに書いたらその人がどんな表情をしているかもわかりません。痛いのか嬉しいのかも分かりません。

 

【その7】

人は書いたものを見てくれてないんだなと感じました。これも悲しいです。悲しいことばかりですが、そうも言ってられません。どういうものなら見てくれるのでしょうか。自分の意見と賛同してくれるものならいいのでしょうか。僕らの文章に自分のオナニーを興奮させてくれるものが欲しいのでしょうか。

 

【その8】

もぐらたたきになっている現状が悲しい。若い人たちが冷蔵庫に入ったりする件もそうなのですが、ポコポコ出てきたもぐらを寄ってたかってみんなでリンチ。その人が再起不能に陥るまで叩き続けて殺してしまう。更にもぐらを引き釣りだしてきて殺そうとする。もぐらも悪いかもしれませんが、全て後手後手になっててなんの抑止効果もないことは分かっているのに快楽のためだけにもぐらを殺す行為をなんとかしないといけないんじゃないでしょうか。

 

【その9】

一つのことを説明すると、その事例はそれ以外のことにも適用できますよね。という姿勢を持たずに、題名にAと書いてあるからAについてしか読まないという姿勢で来られると「えっ」とキョドってしまいます。彼らは星新一をただのSF作家としてしか読まないんでしょうか。彼らは小説を誰かが書いた誰かの物語としてしか読まないんでしょうか。

 

【その10】

 

もっとゆっくり、ゆったり、余裕を持って、何かを見たり、原因をただちに究明するんじゃなくて、焦らずに見ることができないんだろうか。何故一つの話題しか話してないと思われなくちゃイカンのだろうか。視野が狭いって、そういうことだと思う。視点がたくさんあっても、視野が狭けりゃスポットライト見たく同じ所を照らすだけだから、誰かお天道様みたく平行光線を遠く彼方から照らさんといけんのかもね。