読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

恥 -2009-

 

俺は恥ずかしいことをした。

タイトルにもある通り、2009年のコト。

まだ僕が大学生で、自分に希望と自信が満ち溢れていた時のコト。

 

その時僕は、とあるデザイナーに「僕はデザイナーになりたいんです!」と、

相談していた。成れると思っていた。本題はそこではないが、青いなーと

今でなら分かるが、単純に青すぎるくらい青いなぁと若いだけの良さがあった。

 

そう、そのデザイナーをエイ氏とする。

自分は写真を見てもらっていた。

写真を始めたのはその人のおかげだし、今は絶縁状態だけど感謝も尊敬もしてる。

そして、自分はその写真をとあるWebサイトにアップロードしていた。

色んな人がアップロードして、文章を載せて、読んでいた。

 

 

そこに、一人のデザイナーが写真と文章をあげていた。仮にアイ氏とする。

 

その当時、アイ氏は会社を辞めフリーランスでデザインをしていたらしい。

らしい、というのはその記事でしか彼のことを知らないからである。

今、何をしているかは、知らない。

生きているのはGoogle先生が教えてくれた。

 

と、あるときエイ氏が僕にメールをくれた。

「ねぇ、君はアイ君のこと、どう思う?センスは、あると思う?」

その返事として僕は、

「僕はあまり好きでないです。センスは分からないですけど、

あるかないかと言われると、無い方だと思っています」

エイ氏は「君がそう思うんなら、そうなんだろうね」と返した。

 

最低だ。

恥ずかしい。

よくもまぁそんなことを言えたもんだ。

終わってる。

死ね。

 

 

人を測るような人間じゃないだろう。

もう恥ずかしい、人として。どれだけ上から目線なんだと。

学生特有の生意気さなのかもしれない。

でも、当人が知らないところでそういうことを言うのはどうなんだ。

最低だ。ああ、酷い。

 

もっと、もっと、人のことを思える人間にならなければいけない。

そんなことを、今日は急に思い出した。