読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

はてブロは使えないけど移行もしたくない

 

 

 はてなブログはダメだ。何故ダメか。それは、完全な匿名性ではないからである。

 使いにくいとかアーキテクチャの問題ではなくて、自分が使っていてアクセスが伸び悩んでいるところから出ている「ああ、設計思想が違うから伸びないんだ」という残念さからの結論である。ブログなどは予め有名であったり、ある界隈では名が通っていたいたりする人が使うものなのでは。結局のところセルフマーケティングツールとしてのブログが最も効果的に働きますよねということである。どこかでブログ論が勃発していたけれども、今日はあれと同じようなテーマで書こう。

 ここに、誰にも読まれないつまらない記事を書いている身からすればどのように映っているかを書きたい。

 

 ていうか、匿名はてダはよい。あれは、誰が書いても読まれるから。あれは平等である。クソミソなことを書いてもある程度の人間に読まれる。あそこの新着に常駐している人がいるからである。だがしかし、はてなブログの方にはそんなことをしてる奇特な人間はいない。何故ならば、はてなブログの新着に粘着していたら分かるが、スパムブログが実に多いからだ。クソか、死ね。というほどにある。あんなのが新着に上がってしまう(仕方ないけど)とほかのブログもそう見えてしまうに決まってるし、目視してももうめんどくさいってなって見ないよ。俺だって見ないもん死ねよ。ホントはもっとダラダラと書くつもり満々だったのに、なんか情けなくなってきちゃったから無理だ。とりあえず、はてなブログはソーシャルと繋げて普段から面白いことを書かないと間違い無く見られない。俺は毎日アクセスが10でもあればいいだけなんだが、そこまで行くのにもSNS とくっつけてないと一苦労だ。そこくらいはやれよというかもしれないけどさ、以前の記事内容から個人が割れそうな情報出してるけど、匿名でいたいんだよ。この俺の小さな叫びは間違ってるのだろうか。それすらも出来ない能力の持ち主だというのだろうか。俺はしんどいぞ。しんどいぞ。

 

 なんかもう書く気力も失せてきた。不満ばっかり書いてたらいい気持ちしないね。何かに対する憎しみを淡々とずーっと書き殴れる人は頭おかしいと思うわ。頭狂っちゃうわ、どうかしちゃうわ。

 

 とにかく、一定の所に接木してブログを書いているけれども、人に見られたいのならば、釣れそうなタイトルで匿名で書いた方が有意義だということだ。ふぁっきゅーおれ。ふぁっきゅーはてな。