読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マレーグマの頭のなか

文章を 書くだけなら タダ

日記

優しさの決闘

バスで通勤している。東京で暮らしているのに電車通勤じゃないっていうのは意外と珍しいかもしれないけど、高校を卒業して以来10年経過して、理解したことは縦に移動したいならバスが最良の選択という事実だ。電車と違ってバスはあまり利用されていないよう…

さくらを見に。

朝起きた。いつもより15分だけ、何故か早く目が覚めた。いつもより寝覚めはよかったはずだが、五層に重ねられた布団が余計に暖かく春の訪れとさらなる睡魔を呼び出した。布団から出たくないなと、枕元に置いてあるノートパソコンを起動し、YahooやSNS、はて…

狂い聴き

僕は同じ曲を飽きるまで聴き続ける癖がある。今はT-squareの宝島を聴き続けている。多分YoutubeとiTunesを両方合わせるとおよそ300回は聴き続けているだろう。ちなみに最高回数はThe band apart の夜の向こうへで約1000回聞いている。アコースティックバージ…

20161209 - 日記

腹が立つことがある。腹が立つというのは本当にお腹が膨れて立ち上がってしまうわけではなくて、ちゃんと何かに怒っているということだ。自分に腹が立つという言い回しもあるけれど、大抵の場合は自分以外にも対象があって、それに対して怒りを覚えている。…

この世界の片隅に を観た。

この世界の片隅にはせっかくだからテアトル新宿で観ようと思ったんだけど、池袋HUMAXで観た。字幕付でした。 僕は広島市出身で。冒頭の川筋と産業奨励館(現在の原爆ドーム)、おそらく福屋のよく見たことのある建物、ちょっと過剰なまでの広島弁を見て聞い…

鍵と錠前

暇なときは毎度キーボードに向かって何かグチャグチャしたものを誰かにぶつけたい。スペインのトマト祭りは赤々としたトマトを投げまくった結果グチャグチャになるけれど、僕が日々している行為はハナからグチャグチャなものを投げつけて僕もこれを読んでる…

山の彩り

僕は今、何か書いている自分の姿が想像つかない。 そういえば、この飛石連休のまさに石と石の間である金曜日、有給を取って地元広島で土曜日に行われる広島カープの優勝パレードを見るために帰った。こんな時期に帰ることは珍しく、地元を離れて初めてのこと…

田舎者、都会に恥ず

久々に予定も無いのに街を歩いた。それにつけてもおやつはカールじゃないけど、最近は何かにつけてないと身体が重力に縛り付けられていて、外に出る行為自体億劫になりつつあった。しかし何故か外に出なくてはいけないと思い立って15時、11月中旬の寒さをま…

無題

毎日通勤のときに見上げて巨大だなーすごいなーと思っていた街頭ビジョンが目の前にあるビルの屋上に行った。いつもより大きくてうるさいそれを目の高さで見ていると、なんだか不思議と親近感が湧いてきた。ものを見上げると自然と畏怖の気持ちが芽生えるの…

家族旅行

箱根で家族旅行をした。兄家族はいなかったが一家揃って旅行なんて多分僕が小学生のとき以来、行ってないんじゃないだろうか。みんなで旅行するだなんて喜ばしいことなんだけども何をどうすればいいのか、なんとなくむず痒くて、どう喜べばいいのか、はしゃ…